記事の検索

ベトナム料理

バインミー

2016-01-25

asdfasdfasdf

ブンチャー

2016-01-29

台場観光

2016-02-13

新しい記事


・メールアドレスは、メールアドレス形式で入力してください

フォー

 

 形は日本のきしめんに似るが、原料は米粉と水であり、ライスヌードルの一種です。本場はベトナム北部であり、南部ではフォーよりもフーティウ(hủ tiếu)やブンが好まれる。

 派生メニューとしては、スープにワインソースで牛肉を煮込んだものを使用するフォー・ソットヴァン(phở sốt vang; ソットはソース、ヴァンはワインのこと)、フォーの麺を使った具だくさんの焼きそばであるフォー・サオ(phở xàoとも言う)などがある。

調理法

材料 (2人分)

  • 鶏ササミor鶏ムネ肉(そぎ切り)3本or1/2枚
  • 太もやし(ヒマならヒゲ根を取る)1/2袋
  • セロリ(薄切り・葉も2㎝に刻む)1/2本
  • パクチー・根(茎と葉を2㎝に刻む、根は香付けに使用)1束
  • フォーの麺(センレック)150〜200g
  • 鶏ガラスープ 大さじ2
  • 水(スープ用)5カップ
  • 水(茹でる用)5カップ
  • ナンプラー 小さじ1.5〜2
  • 塩小さじ1
  • 黒胡椒少々
  • フライドガーリック少々

■ 【いただく時の調味料】

  • ライムorレモン(くし切り)2切れ
  • チリソース少々
  • たかの爪(種抜き輪切り) 2本 

作り方:

鍋にお湯を沸騰させ止め、麺を10分ほど浸して白く柔らかくなったら、ザルに麺を上げる。

ササミは筋を取り、一口大に削ぎ切り、塩と胡椒をふり、セロリは皮を剥き斜め切り、パクチーは2㎝幅に切る。

スープ用のお水をにパクチーの根、ガラスープの素、塩、ナンプラーを入れて沸騰させる。

スープにササミを入れ、1分で一旦取り出す。次にモヤシを金ザルに入れ、5秒で取り出す。パクチーの根は取り出す。

スープに麺とセロリを入れ沸騰させ、硬さをみて丼に移し、上にササミ、モヤシ、パクチー、フライドガーリックをのせ、黒胡椒。

ナンプラー、チリソース、ライム、鷹の爪を添える。


                              リソース

お店

フォーを作る時間がない場合は、様々なフォー店さんがあります。